みこたん

北海道滝川市が舞台の聖地巡礼先行型オリジナル巫女企画

両親の仇を取るべく鬼を追う巫女めるが滝川にたどり着く

めるの故郷は別寒辺牛湿原で鬼もそこに長期潜伏していた

神居古潭で遭遇した鬼は石狩川に沿って南下したと考えた

これまで湿原を転戦してきためるは雨竜沼を目指していた

しかし当ては外れ尚も南下した鬼の気配は滝川で途絶えた

宮島沼を目指していたが滝川に何があるというのだろうか

鬼との戦いは霊力の消耗が激しく拠点神社の把握が不可欠

滝川神社は旧滝川神社含む南北三箇所に結界を張っていた

市街地に侵入されたとなれば結界が破られた可能性が高い

方向音痴の伊鶴は渋々案内役を引き受け二人で市内を探索

途中豊滝神社で謎の少女クロと出会うが鬼の気配はしない

歩き疲れて帰宅するとりこが姉を追って滝川へやってきた

りこの独自調査とクロを保護した陸自の見解は一致してた

黒崎皐月は人造石油滝川工場で石炭人化の研究をしていた

クロと鬼を造り出した皐月は戦後道東へ逃亡し身を潜めた

晩年皐月は密かに鬼を造り手始めに藍凰集落を壊滅させた

めるは真相解明に嗤い疼く鬼の爪痕の力に支配されていく

伊鶴とりこは悪堕ちしためるの暴走を止め滝川を守れるか

藍凰める

藍凰(あいおう)める

17歳。幼少時羆に襲われ妹を庇い背中を負傷、両親を失い孤児に。中卒時羆の正体が鬼と知り失踪、道内を転戦してきた。

藍凰りこ

藍凰(あいおう)りこ

16歳。高1。唯一の肉親である姉を追って滝川へ。姉とは違い鬼に恨みはないが、食欲魔人で飯のためなら手段を選ばない。

日野伊鶴

日野伊鶴(ひのいづる)

17歳。邦衛の一人娘。滝川西高校会計ビジネス科に通う2年生。治癒能力に長けるがめるの爪痕には効果なし。方向音痴。

藍凰りこ篇

めるの失踪

2016年3月15日、めるが中学校を卒業した。

卒業式の後、藍凰神社に帰ってきためるに、神主は大事な話があるといい、そこにりこも呼ばれた。

神主が語り始めたのは2004年に起こった矢番羆事件のことだった。


めるとりこは今でもしばしばうなされる悪夢を見る。

暗闇の中を必死に走って逃げている。靴が脱げて裸足になっても、それを気に留める暇なんてなかった。逃げなければ噛み殺される。

4人は神社を目指していた。神社にたどり着けば助かるかもしれない。確証はなかったが、今はただそう信じるしかなかった。

神社まであと一歩というところで、りこは小石に躓いて転んでしまう。めるがなんとか立たせようとするが泣きじゃくって動けない。

直後、背後で悲鳴が聞こえた。両親がヤツに襲われたのだ。血しぶきが2人に降りかかる。めるはとっさにりこに覆いかぶさった。

りこの悪夢はいつもそこで終わるのだが、めるにはまだ続きがあった。めるの背中を爪で深くえぐり取られた記憶が…


矢番集落を一夜にして壊滅させ、両親を殺し、めるに重傷を負わせたヤツは、世間には羆の仕業だったと報道された。

悪夢の後、神社に駆けつけたマタギによって羆は撃ち殺され、めるとりこは助けられたのだという。

しかし神主は、ヤツが羆というのは事件を隠蔽するための作り話だと語った。ヤツの正体は鬼だというのだ。

鬼…? りこは耳を疑った。めるは神主の話に熱心に耳を傾けており、2人のリアクションは対照的だった。


事件の少し前から、矢番集落には女の幽霊を見たという噂が立っていた。

矢番集落の周囲には軟弱地盤の湿地帯が広がっていて、不用意に立ち入るのは危険で、あんなところに子どもがいるわけないと。

だから幽霊だというのだが、足があるのを見たという者もいて、幽霊じゃなければあの女はなんなのか? と話題になっていた。

それから程なくしてあの惨劇が起こった。神主は事件を遠巻きに見つめて嘲笑う女を見たのだという。

女が造り出したバケモノが集落を襲った。そのバケモノが鬼だと神主は言うのだ。


両親を殺した羆に対するやり場のない怒りに、時折激しい感情を露わにしてきためるは、居ても立ってもいられなくなってしまった。

翌朝、りこが目覚めるとめるはいなくなっていた。慰霊碑に立てられた線香の長さから、めるはまだそう遠くへ行ってないはずだった。

りこと神主は手分けして探し回ったが、めるを見つけることはできなかった。

姉は一体どうしてしまったのか? めるの胸に秘めた感情を、りこは理解することができなかった。

しかし、唯一の肉親である姉が突然姿を消して、りこの心にはぽっかり穴が開いてしまった。

位置ゲー・御朱印…スマホ人脈でめる発見

矢番羆事件で悲劇の舞台となった旧矢番集落にある慰霊碑と、集落の外れにある藍凰神社は位置ゲームのユーザー間では名の知れた存在だ。

ポータルを申請したのは、りこがまだ中学生だった頃のこと。神主の理解と同意を得るのに苦労したという。

鳥取砂丘のような大量のポータル申請は却下されたが、事件から十余年、廃墟は危険地帯と化しており、申請しなくて正解だった。

夏から別の位置ゲームが流行ってユーザー数が増え、遠方から足を運んでくださる参拝客も年齢層が変化したからだ。


孤児姉妹を養育するため、藍凰神社の神主は近隣の神社をいくつか兼務することになり、日中は留守にしていることが多かった。

そもそも事件後は敬遠されて、参拝客がぱったりと途絶えてしまっていたので、社務所はずっと閉じたままだった。

そんな社務所を夕方だけでも開けて、御朱印ブームに乗りたいとりこが言い出した。ポータル申請したのもこの頃だった。

スポーツ万能な姉に代わって家事全般を任されていたりこは、幼い頃から電話番をすることも多く、連絡手段としてスマホを買い与えられていた。

ネットの反応に敏感なりこは、矢番羆事件の知名度の高さで小遣い稼ぎができるのではと考えたのだ。

御朱印が欲しい人とはLINEで連絡を取り合い、放課後の限られた時間を有効活用。周辺観光案内もこなす気の配りようで評判になった。

人付き合いが苦手なめるもたまに手伝ってくれたが、おかげでオタク嫌いになってしまったと苦笑する。


めるが行方不明になってしばらくは社務所を開けてもどこか上の空になっていたりこだった。

この頃になると、週末には帯広や北見からわざわざやってくるリピーターも増えていた。

すると当然、「最近お姉ちゃんの姿を見ないけど、どうしたの?」って話になってしまう。

最初は口ごもっていたりこだったが、さすがに会うたびに色んな人から心配されるのも心苦しくなって家出したと教えてしまう。

しまった。りこはこの後どうなるかわかっていた。なにしろ行動力のある彼らのことである。


める目撃情報の第一報が入ったのは9月に入ってからのことだった。

場所はタウシュベツ川橋梁、つまり糠平湖。予想以上に遠くに行っていた。

某アニメファンがこの時期にしては珍しく橋梁が水没していないというので見に行ったら巫女さんがいたというのだ。

矢番の湿地帯と糠平湖に共通点が見いだせず、めるの行動パターンが読めない。

しかし、有力な手がかりであることには間違いなく、彼らに感謝するとともに、引き続きSNSを注視していくこととなる。

翌春、神居古潭で再びめるが目撃され、同時に鬼も撮影された動画が流れネット上は騒然となった。頭部にツノがあり確かに鬼だ。

この時も、めるのように一人で勝手に飛び出していってしまうのではなく、転校手続きなど用意周到なところが彼女らしい。

藍凰める篇

異能の発現

それは小学生の頃だった。

「りこ、ちょっといいかな?」

「なーに? おねえちゃん」

「こうやってみて?」

めるは学校から帰ってくるなり、りこに駆け寄ってきてその場で立たせた。

りこはひとりあそびに夢中だったので、水をさされて不機嫌だ。

「?? こうじゃわからない…」

「んー? そうだなぁ…ドッジボールでボールを受け止めるときわかる?」

めるはそわそわした様子で両手を握ったり開いたりした後、腕を胸の前に引き寄せて、手のひらを合わせてから少し左右に離した。

りこはそれをぎこちない身動きで、見よう見まねでやってみせる。

「あー、こんな感じ?」

「そうそう。何か感じない?」

「別に…何も?」

「そっかぁ…」

めるは小首をかしげた。

「んー、じゃあさ、そのまま腕をぐーっと前に突き出してみ?」

「こーお?」

宙空に向かって、何か大きなものを押し返すようなポーズを取る2人。

「なんか手のひらから熱いものが出てきたりしない!?」

「何もないよお。おねーちゃんどうしたの? なんか悪いもの食べた?」

「え゛っ? なんでそうなるの?」

「だっておねーちゃん、ヘンなんだもん」

2人はポーズを取るのをやめた。めるは肩を落としてしょげている。

「…そっか、やっぱりあたしだけなのか」

「おねーちゃんだけ?」

「あ、ううん。気にしないで! ごめんね、ヘンなことさせて!」

めるはそのときようやく床に散らばっていたおもちゃを見つけて、バツが悪そうにその場を後にした。

めるがオタク嫌いになった理由ワケ

体を動かすのが好きで、人付き合いが苦手なめるは、女子のグループに入れず、男子と遊ぶことが多かった。

しかし第二次性徴が始まると背中の古傷が疼き、体の奥底からどす黒い負の感情が湧き上がってくるのを感じるようになった。

それが、あの時手のひらから出てきた熱いものの正体だった。

この熱いものは、容易く人を傷つけることができるものだった。めるは戦慄した。

姿見に映る白い背中にいまだに癒えぬ赤黒い傷痕。

忌々しい。これは本当に羆の引っかき傷なのだろうか?

力を抑えきれず、誰かを傷つけてしまうかもしれないという恐怖から、めるはますます周囲から孤立していった。


「バカヤローッッ!!!」

カキーン。またボールはフェンスを通り越して大ホームラン。

「もうボール拾いに行くのめんどくさいからやめにしようぜ」

「めるちゃん今日はヤケに荒れてるなー、なんかあったのか?」

めるを連れてきた野球部の連中が呆れ果てている。

千本ノックのつもりが千本ホームランになってる。ここはバッティングセンターじゃない。

野球場の中と外を球拾いで全速力で行ったり来たりしてるうちに、足腰が立たなくなって全員芝生の上でふんぞり返っていた。

「此河えるさのバカにフラれたんだってよ」

「えるさ? あーあの中二病の?」


「おまえこの前わかるって言ってたじゃんか! 俺にも同じ力があるって!」

尻尾を巻いて逃げようとしていたえるさをフェンスの隅に追いやり、壁ドンして畳み掛けるめる。

そのフェンスの横には黒焦げて空いた穴があり、遠くの景色がキレイに見えてしまっていた。

「ま、まさか本当にっ! ち、ちかっ、力が使えるとは思ってなかったんだよ!!」

えるさはすっかり腰が抜けてガクガクブルブル震えて縮み上がってしまっている。

見れば学ランのズボンの股ぐらにシミができてる。こいつチビリやがった。

「なんだよそれ…、やっと…、やっと仲間を見つけたと思ってたのにっ!!!」

めるは大粒の涙を流し、獣のような声を上げて泣いた。


えるさはこの日を待ち侘びていたと言い、放課後めるを屋上に呼んだ。

星の並びがどうとかこうとかで不吉なことがこれから起こるので、力を持つものが立ち上がるのは今だという。

まずは世界に我々がいることを知らしめるべく、力を発動させてアピールしようじゃないかというのだ。

で、力を使ってみせた結果がこれだ。こんなはずじゃなかったという表情がありありと見える。

えるさの頭の中では、何も起こらないじゃないかと言われても、世界は我々の存在に恐れをなしていると自己満足に耽るつもりだった。

…かどうかは定かではないが、まあおおむねそんなところだろう。恐れをなしているのは世界じゃなくてえるさだが。


翌日からえるさは、めるの使い魔になると言い出した。まったく大した根性である。

石炭液化(せきたんえきか)

石炭を原料に人造石油を生産すること。CTL (Coal To Liquids)。

人造石油(じんぞうせきゆ)人石(じんせき)

石炭液化で製造した石油代替燃料のこと。またその工場のこと。

石炭人化(せきたんじんか)

石炭を原料に人造人間を生産すること。CTH (Coal To Homunculus)。

炭人(たんじん)

石炭人化で製造した人造人間のこと。石炭人間。

クロ

藍凰めると日野伊鶴が豊滝神社で出会った謎の少女。九六式人造人間

(おに)

藍凰めるの両親を殺害した、長らく羆だと教えられてきたもの。一〇二式人造人間

九六式人造人間(きゅうろくしきじんぞうにんげん)

旧陸軍の特攻兵器。無煙炭を原料とする試作型炭人。ドイツからライセンス供与を受けて黒崎皐月が研究していた。

一〇二式人造人間(ひゃくにしきじんぞうにんげん)

旧陸軍の特攻兵器。亜瀝青炭を原料とする量産型炭人。頭部に九六式人造人間と識別するための突起物がある。

藍凰(あいおう)矢番(やつがい)

別寒辺牛湿原にある。アイヌ語のアイ(矢)、オウヌ(番う)の音訳が藍凰、意訳が矢番。どちらも同じ場所を指す。

矢番羆事件(やつがいひぐまじけん)

藍凰集落が一夜にして壊滅した事件。三毛別羆事件の再来として報道された。

藍凰集落(あいおうしゅうらく)

滝川村と同時募集されたが厚岸郡太田村に振り分けられた屯田兵の末裔が多かった地域。

藍凰神社(あいおうじんじゃ)

孤児となっためる・りこ姉妹を引き取った集落の外れにある神社。狩猟神として建御名方神を祀る。

藍凰泥炭(あいおうでいたん)

別寒辺牛湿原の別名。泥炭は石炭の成長過程の最初の段階であり、炭人はこれを食べる。

黒崎皐月(くろさきさつき)

石炭人化の研究者。福岡県大牟田市出身。超古代のカタカムナ文明を主張した楢崎皐月がモデル。

日野邦衛(ひのくにえ)

45歳。伊鶴の父。戦車好きが高じて自衛官になったが、邦作の介護で妻が倒れ家業を継いだ。一人娘の伊鶴には甘い。

日野邦作(ひのくにさく)

81歳。伊鶴の祖父。先代によく似た温厚篤実な敬神家。妻を早くに亡くし、伊鶴が生まれた後に大病を患っている。

日野家 家系図

1890年(明治23年)日野邦重は18歳で両親とともに滝川屯田兵村に入植した。父邦忠は旧熊本藩士で温厚篤実な敬神家であり、同年12月16日兵村に建設された遥拝所保存の監視兼清掃役を託された。以来日野家は維新後新社家となり、代々滝川神社の神職を世襲してきた。なお、邦作の妻千鶴は身体が弱く、邦衛が幼い頃に病死した。

※スマートフォンでは母方を省略表示しています。ご了承ください。
滝川神社

滝川神社

作中では日野伊鶴の自宅として全編にわたって登場する。その歴史を紐解く。

詳しく

豊滝神社

豊滝神社(作成中)

作中では藍凰めると日野伊鶴が謎の少女クロと出会う場所。そこには一体何が?

詳しく

滝川駐屯地

滝川駐屯地(作成中)

作中では真相解明のカギを握る重要な場所。人造石油関連施設もあわせて紹介。

詳しく

滝川市について

北海道のほぼ中央にある、中空知の中心都市(人口約4.1万人)。石狩川と空知川の合流点を屯田兵が開拓した町。

芦別市滝里町にある空知大滝をアイヌ語でソー・ラプ・チ(滝が・落ちている・ごちゃごちゃ)といい、後に空知川全体をソー・ラプ・チ・ペッ(大きな川)と呼んだ。滝川はその意訳であり、空知はその音訳である。

空知炭田を後背地とし、炭鉱マンの盛り場として商業が発展した。戦時中には石炭から石油代替燃料を造る軍需工場があり、戦後その跡地に北海道電力の火力発電所があったため「エネルギーのまち」と呼ばれることもある。

根室本線や国道38号の起点で、1965年の国道274号日勝峠全通や、1981年の石勝線開通までは札幌~帯広間の経由地として栄えた。しかし1995年に国道12号滝川バイパスが全通すると郊外化が進み、2003年駅前再開発ビルから西友が撤退した。

味付けジンギスカン(松尾ジンギスカン)発祥の地であり、2010年からモンゴル出身力士の横綱白鵬関が観光大使(2013年からは名誉観光大使)になった。また元モーニング娘。の藤本美貴がテレビで紹介したおかだ菓子舗の銘菓モンモオが好評を博す。

おもな農産物は米・小麦・そば・玉ねぎ・りんご・菜の花・あいがもで、特に菜の花は作付面積日本一を同じ空知の岩見沢市栗沢町や、青森県上北郡横浜町と毎年競い合っており、毎年5月下旬に江部乙町でイベントを開催している。

「スカイスポーツのまち」をPRしており、2016年にはたきかわスカイパークで行われた『風の谷のナウシカ』のメーヴェを再現した小型飛行機のテスト飛行が話題になった。また2017年から滝川駅前広場にグライダーを展示している(冬期のぞく)。

2017年5月は親族による強盗殺人事件、6月は電線盗難と相次いで全国ニュースなったが、過去には2005年の江部乙小学校いじめ自殺事件や2007年の生活保護費不正受給事件がその後の日本社会に大きな影響を及ぼした。

押さえておきたい滝川出身の有名人

大政 絢
女優、ファッションモデル。映画『PとJK』、TBS系ドラマ『あなたのことはそれほど』などに出演。滝川西高校OG。
河原 和音
漫画家。代表作は『先生!』『高校デビュー』『青空エール』『俺物語!!』(原作)ですべて実写映画化。
森次 晃嗣
俳優。『ウルトラセブン』のモロボシ・ダン役でブレイクし、現在もウルトラ関連で活躍中。滝川西高校OB。
鳥海 尽三
テレビアニメ『みなしごハッチ』『科学忍者隊ガッチャマン』『新造人間キャシャーン』などの脚本家。

参考文献リスト

  • 滝川市史上・下巻(滝川市史編さん委員会編、滝川市刊、1981年)
  • 滝川市史外伝(松重三郎編、滝川市刊、1990年)
  • 滝川市史続巻(滝川市史編さん委員会編、滝川市刊、1991年)
  • 旭川と道北の建築探訪(北海道近代建築研究会編、角幸博監修、北海道新聞社刊、2000年)
  • 北海道の駅 878ものがたり ~駅名のルーツ探究~(太田幸夫著、富士コンテム刊、2004年)
  • シャッター街のクロニクル ―わがふるさと滝川の場合―(不破俊輔著、北海道出版企画センター刊、2013年)

キャラクターデザイン

櫻井善太(Get Ready!!)

その他

萌尽狼(ASIA LUNAR)