みこたん

伊鶴が下校途中、震度5強の地震が発生。余震が続く不安な夜、時川神社にクロという少女が迷い込む。
捜しに来た自衛官を見てひどくおびえるクロ。彼女に一体何があったのか? 彼女の正体とは…!?

石狩川と江知川の合流点が屯田兵によって開拓され、炭鉱を背に札幌・帯広・旭川方面への要衝として栄えた時川市

郊外化で流動人口が多く、バブル時代のハコモノで一見すると都会的ですが、至る所に歪みが生じている過疎の町です。

近年ではアニメ映画に登場した架空の飛行機を実際に作って飛ばしてみたグライダー滑空場があることで注目を集めました。

そんな町を舞台に、突如出現した巫女みこ”と“炭人たんじん”の異能力バトルアクション。それが『みこたん』です。

『みこたん』は家族や友達といったかけがえのない大切なものを守るために戦うことになったふつうの女子高生の成長物語です。

15年前、音系同人サークルASIA LUNAR発足のきっかけとなった『みこたん』が装いも新たに完結に向けて動き始めます。

第1話「巨大地震とクロ」

①瓜竜町で巨大地震発生

北海道の春は遅い。GW明けの5月中旬、丸香高原に菜の花が咲き乱れる頃。

ある週末の夕方、瓜竜町東部「益毛山地東縁断層帯」を震源とするM7.8の地震が発生。

中江知地方の瓜竜町、鮫居川町、徳富町、時川市、平岸市共和町、砂原市江知太で古い木造家屋を中心に被害が相次ぎ、北海道知事は陸上自衛隊に災害派遣を要請した。

時川市は震度5強、その後も震度4の余震が続く。時の坂は第一小学校が避難場所になっている。消防、救急のサイレンが鳴り響く。

②伊鶴が慌てて帰宅

伊鶴は吹奏楽部の練習が終わり、時川商業高校から徒歩で下校途中、ななむらでおやきを買って歩きながら食べようとしたとき地震に遭い、落としたおやきには目もくれず、時の坂を一心不乱に駆け上がり慌てて帰宅する。

幸い時川神社に大きな被害はなく家族も無事だったが、途中で別れた友達の白鳥に電話が繋がらない。LINEも反応がなく不安になる。

③時川神社に謎の少女が迷い込む

夜になり、白鳥と電話がつながりホッとする伊鶴。

ふと窓の外を見ると、境内にうずくまっている人がいる。様子を見に行くと、少女が膝を抱えて震えていた。

肌は黒いが日本人顔で、可愛らしい洋服は転んだのか汚れて擦り切れているところもあるが怪我はないようだ。名前はクロという。変な名前。

避難中に親とはぐれたのだろうか。声をかけても首を横に振るばかり。不意に強い風が吹き、寒気を感じた伊鶴はクロを連れて家に戻る。

④クロを見た両親が無言で見つめ合う

外に出たまま戻ってこない伊鶴を心配した両親が玄関で待っていた。事情を説明すると両親はハッとして見つめ合った。

刻學院短大国文科の邦衛が、幼児教育科の美咲からものすごい本の虫がいて絵本では手に負えないから助けてほしいと頼まれ、条件を満たす本探しを手伝ったことがあった。それが二人の出会いだった。

訳あって時川駐屯地から外に出られないというその子の噂は、後に市立図書館の蔵書をすべて読み尽くしてしまったという尾ヒレが付いて、刻學院短大生の間では都市伝説になっていた。

二人は25年前の話でにわかに信じがたかったが、外見的な特徴が一致し、あのとき子で間違いないと確信した。

⑤自衛官がクロを捜しにきた

この子はオバケかなんかじゃないのか!? どうすればいいのか!?

両親は小声で何かを言い合い、冷や汗をかいてガタガタ震えている。
キョトンとするクロと、両親の反応を不審そうに見つめる伊鶴。

その時近くで急ブレーキ音がしたので、何事かと思い振り返ると、神社の石段を駆け上がる軍靴の音が複数聞こえてきた。

邦衛はとっさに伊鶴とクロを部屋に押し込み、「なに? なに? どうしたの!?」とわめく伊鶴に、険しい顔で人差し指を唇に付けて黙らせた。

物陰から様子をうかがう伊鶴。玄関口に立っているのは2人の自衛官だった。ある少女を探しているといって両親に写真を見せていた。
かすかに見えるその写真には隣でひどくおびえているクロが写っていた。

何が起こっているのか、伊鶴にはさっぱりわからなかった。

⑥クロを時川神社で預かることに

新田一等陸尉は動揺する邦衛を訝しみ、地震の後神社に避難してきた人はいないか、本当に写真の少女に見覚えはないかと、執拗に問いただしたが、藤丸二等陸佐に制止され非礼を詫た。

自衛官が引き上げていくのを確認して、玄関ドアを閉めた邦衛はゲッソリしていた。

伊鶴は少女のおびえる姿から、この子が自衛官に性的暴行を受けて逃げ出してきたものだと思い込み、私がいるから安心してと彼女を守ることを宣言。

両親も伊鶴の勘違いはともかく、事情がはっきりするまでクロの身柄を自衛隊に引き渡すわけにはいかず、当面の間神社でクロの面倒を見ること許した。

第2話「石炭飴とクロ」

①朝食を食べないクロ

翌朝、地震はニュースで大きく取り上げられていたが、時川駐屯地の婦女暴行事件はニュースになっていなかった。また行方不明者の中にクロの名前はなかった。

昨夜は地震のショックで食べ物が喉を通らない状態だったから気づかなかったが、クロは朝食も一切手を付けていなかった。具合が悪いのかと聞いても首を横に振るばかり。

父邦衛は急用ができたと言って外出することになり、伊鶴を学校まで車で送っていくことに。
車中、邦衛は伊鶴にクロのことは学校では口外するなと言い聞かせた。

②甘いものなら食べるかな?

伊鶴は部活を休み、途中フォックスバリュで買い物をして、両手にパンパンのレジ袋を持って帰宅。

クロはぺたんと力なく座り込んでいる。昼も食べなかったと困り顔の美咲。

甘いものなら食べるかもと手当たり次第に買ってきたお菓子を、クロの目の前に広げて見せて、どれでも好きなものを食べてと言った。クロはキョトンとしている。

これはどう? こっちはどうかな? とスナック菓子の袋をいくつか開けて口に近づけてみるも、クロは首を傾げたままで一向に口を開けようとしない。どうして?

③クロは石炭飴が好き

「これ…」

クロが指差して唯一興味を示したのは、和風ミックスキャンディの中の黒飴だった。
でも取り出して口に入れてみると、なんか違うと眉間にしわを寄せてしまう。

それを見た美咲がそういえばもらい物があったわと戸棚の奥から缶を取り出してきた。平岸名物の石炭飴だ。

「私これ嫌ーい」

今度は伊鶴が眉間にしわを寄せる。

缶のフタを開けると中には黒いかち割り飴。それを見て目を輝かせるクロ。
なになにこんなのがいいのと笑う美咲。
伊鶴はずっと苦虫を噛み潰したような顔をしている。

石炭飴は一欠片が大きくて食べにくいし、なによりニッキ飴の辛いのが苦手。
そんな石炭飴を美味しそうに頬張っているクロ。

一度に食べる量は多くないものの、石炭飴しか食べないのであれば、いずれは底をついてしまう。
でも近所に売ってる店は知らない。

「明日お父さんの車で平岸まで買いに行って来れば?」と母は言う。

④邦衛が時川駐屯地でクロの身柄について交渉

「クロは人ではない、危険な存在だ。我々もその正体を知らない。しかし、ひとたび駐屯地の外に出てしまえば、クロには人権があるとみなされる。GHQも人型である以上処分できなかったというのだから、防衛省も頭を抱えているよ。」

藤丸二等陸佐が苦笑う。

新田一等陸尉が続ける。

「クロの脱走は過去にも数回あったがすぐに連れ戻して事なきを得たと記録が残っている。だが地震に伴う災害派遣で手薄なところを逃げられたあげく、一晩のうちにあんたんとこに懐いて匿われる事態になるとは想定の範囲外だったよ。本来ならば速やかに身柄を引き渡してくれないと困るのだが、そういう話をしに来たわけでもあるまい。」

邦衛は図星を突かれて言葉もない。

「クロの行動は監視させてもらう。プライバシーには最大限配慮するが、何かあったらすぐに駆けつける。その時は覚悟してくれ。それと、寝起きで腹空かせてるはずだから、クロにこれを食わせてやってくれ。あいつこれしか食わねえから。」

よろしく頼むと新田一等陸尉が邦衛に手渡したのは、一欠片の石炭だった。

⑤石炭飴を買いに平岸市へ

翌日、邦衛は伊鶴とクロを乗せて平岸駅前の目高屋製菓に石炭飴を買いに来た。
自衛隊のジープも後をつけてきている。

クロは店に入るなり山のように陳列された石炭飴に釘付けになっている。
伊鶴は石炭飴よりもショーケースに並ぶ洋菓子の方に興味津々。

一度にこんなにたくさん石炭飴を買った客は見たことがないし、石炭飴ではしゃぐ子も珍しいと店員も呆れ顔。
邦衛と伊鶴はクロの笑顔を見てホッとしていた。

⑥クロが平岸炭鉱跡を見たがる

帰ろうとするとクロが線路の向こうを指差した。
木々の向こうに黒い櫓が見える。

佳友平岸炭鉱の立坑跡だ。
尾行している自衛隊も監視の目を光らせる。

邦衛はまた思い出す。
あの時頼まれた本探しの条件、産業革命後の世界史はなぜか除外だった。なぜか?

石炭について書かれているからだ。クロが石炭に興味があるのは間違いない。
だがクロにあそこを見せていいのか? 妙な胸騒ぎがする。

そのとき伊鶴が嘆いた。

「廃墟なんか見てどうするの? せっかく寄るんだったらハルニレ温泉がいい」

渡りに船だ。邦衛はぐずるクロの手を引いて車に乗せ、来た道を引き返した。

クロを温泉の湯船に入れようとするとめちゃくちゃ嫌がって暴れた。伊鶴はネコみたいだと笑った。

黒く着色した飴をかち割って不揃いな形にしたもの。日本ではニッキ飴だが、海外ではリコリス飴。着色料は竹炭が主流だが、複数の色素を混ぜて石炭らしさを出したものもある(写真)。

塊炭飴(有限会社石川商店/北海道赤平市)
竹炭で着色されたビート糖の甘みが特徴的なやや辛めのニッキ飴。
【原材料名】道産ビート糖、水飴、ニッキ油、植物炭末色素(竹炭)
炭礦飴(日高屋製菓有限会社/北海道赤平市)
赤平市交流センターみらいの地域物産品紹介コーナーに展示あり。現在日高屋製菓では塊炭飴を仕入れ販売している。
【原材料名】不明
黒炭飴(株式会社茶木/北海道旭川市)
4種類の色素で着色された程よい辛さのニッキ飴。
【原材料名】砂糖、酵素水飴、香料、着色料(カラメル色素、クチナシ青色素、タマリンド色素、カキ色素)
夕張炭塊糖(有限会社阿部菓子舗/北海道夕張市)
夕張のおみやげ品。
【原材料名】不明
石炭飴(協和製菓株式会社/北海道苫小牧市)
カラメル色素で着色された程よい辛さのニッキ飴。道外でも販売されている。
【原材料名】砂糖、水飴、黒糖、着色料(カラメル色素)、香料
石炭飴(株式会社北海道エスケープロダクツ/北海道札幌市)
メーカー倒産。夕張のおみやげ品。
【原材料名】砂糖、水飴、香料、カラメル、黒色H
石炭飴(わたなべの飴本舗/福島県いわき市)
いわき市石炭・化石館ほるるのおみやげ品。
【原材料名】不明
石炭飴(伊藤飴店/新潟県上越市)
直江津の蒸気機関車をイメージしたおみやげ品。
【原材料名】食用の木炭、他
長崎軍艦島 石炭ドロップス(有限会社鳴滝/長崎県長崎市)
黒く着色されているがニッキ飴ではない。
【原材料名】砂糖、水飴、竹炭
かぜよけ黒ニッキ飴(大一製菓株式会社/岐阜県大垣市)
黒飴とニッキ飴の特徴を併せ持ち石炭飴に類似。
【原材料名】水飴、上白糖、加工黒糖、グラニュー糖、ニッキ油

黒炭飴(株式会社茶木)

原作・音楽
萌尽狼(ASIA LUNAR)
イラスト
櫻井善太
スペシャルサンクス
  • アキヒロ
  • 宮原いつき
(順不同・敬称略)

  • 北海道の道央、石狩・江知えしり地方の、中江知なかえしりにある時川市ときかわし(図①~⑨)とその周辺が舞台。
  • 時川市内では、時の坂にある時川神社と、時川商業高校がおもな舞台。
  • 物語後半で道東の架空地域、矢番やつがい藍凰神社あいおうじんじゃが登場する。
瓜竜町 【北】
丸香山

春楡山
鮫居川町
平岸市 【東】
【西】
徳富町
砂原市
【南】
地名の由来
アイヌ語のエシリ(時)、ペツ(川)の意訳。音訳が江知(えしり)。
モデル
滝川市

中江知の中心都市(人口約3.8万人)。石狩川と江知川の合流点を屯田兵が開拓した町。江知炭田を後背地とし、炭鉱マンの盛り場として商業が発展。また根室本線や国道38号の起点で、1965年の国道274号日勝峠全通や、1981年の石勝線開通までは札幌・帯広間の経由地として栄えた。しかし札幌・旭川間の国道12号に時川バイパスが開通すると、郊外化が進み駅前から時の坂にかけてシャッター街化。駅前再開発ビルが大きな問題となっている。

本作では便宜上、上図のように大きく9つのエリアに分ける。

時川市役所

1997年新庁舎完成。2011年、2階に時川市立図書館が移転

時川市章

時計と川を図案化。時針は国道38号、分針は国道12号を表す

①なぜなぜの里エリア(西時川・北時の川)

なぜなぜの里

温泉宿泊施設。時川産そば粉でそば打ち体験もできる

なぜなぜ公園

クエスチョンマーク型の三日月湖、なぜなぜ川の水上公園

なぜなぜ橋

なぜなぜ川にかかる、名前のわりにA字型主塔の鋼斜張橋

時玉畑

西時川の肥沃な沖積土の広がる地帯に玉ねぎ農家が多い

②時川駐屯地エリア(泉町・幸町)

陸上自衛隊時川駐屯地

人造石油時川工場跡地。研究棟が本部隊舎として今も残る

北電テクニカルセンター

1989年廃止の石炭火力発電所を社員教育施設として活用

時川市開基百年記念塔

火発の灰山を整備した公園の頂上に建つが1999年閉鎖し廃墟化

メガソーラー

人造石油の機械を製作した北炭機械工業時川工場跡地に建つ

③時川商業高校エリア(西町・扇町・有明町)

時川商業高校

伊鶴が通う高校(普通科、会計科、情報科)。野球部が強い

銀河団地

高校に近い団地。本来は銀川だがバス停名はなぜか銀河

スポーツクラブコスモ

銀河団地にあるスポーツジム、サウナ、スイミングスクール

時川西公園

スポーツクラブの隣にある。その隣にはスカイパークもある

④時の川エリア(朝日町・黄金町・二の坂町・時の川町・屯田町)

時の川運動公園

サイクリングターミナルやスポーツセンターなどがある

時川屯田兵練兵場跡

兵村の神霊遙拝所が遷座し時川神社に。跡地は公園に整備

時川スケートリンク場

12月末~2月中旬、公園は江知管内唯一のスケート場になる

市立時の川中学校

日野伊鶴、邦衛、邦作の母校。陸上自衛隊時川駐屯地に近い

⑤時川神社エリア(時の坂町・本町・大町・緑町)

時川神社

時の坂を上ったところにある(祭神:天照大御神)

市立時川第一小学校

神社の向かいにある。第1話冒頭で避難場所として登場

大判焼ななむら

昔から学生に人気の店。伊鶴が下校途中によく立ち寄る

フォックスバリュ本町店

伊鶴の通学路にあるスーパー。いなり寿司の特売日がある

⑥時川駅前エリア(スズロード・栄町・明神町・新町・花月町・江知町・中島町)

時川駅

根室本線の起点。函館本線は特急停車駅。駅前広場再開発中

寂れゆく駅前商店街

時川バイパス開通で郊外化が進み、駅前ビルから酉友が撤退

歴史的建造物

明治~昭和初期の銀行や呉服店などが当時の姿で残っている

文化ゾーン

こども科学館、美術自然史館、郷土館、文化センターなど

⑦刻學院短大エリア(文京町・南時の川)

刻學院短大

1982年女子短大として開校。1991年男女共学化

市立時川東小学校

時川市内で最も新しい小学校。鐘塔があり夕刻を告げる

交通安全祈願聖観世音菩薩

大きな1本の原石から彫り出したもので日本最大(8m)

ショッピングモール

ファッション、インテリア、雑貨、ドラッグストアなどが集結

⑧時川ICエリア(東町・流通団地・東時川)

時川インターチェンジ

道央自動車道で札幌・旭川方面にアクセス至便

流通団地

味付けジンギスカンやチーズケーキの工場などがある

大型ショッピングセンター

国道12号時川バイパスと国道38号が交わり買い物に便利

東時川

時川ICより東側の町。道立花・野菜技術センターがある

⑨江知太エリア(砂原市江知太・砂原市富平)

江知大橋

国道12号の江知川にかかる橋(時川バイパスは新江知大橋)

日本最長の直線道路

国道12号新江知大橋から美唄市光珠内鉄道陸橋までの29.2km

水郷時川公園

砂原市側にあるが時川公園。開拓時は平岸沼と呼ばれていた

赤穂四十七義士之墓

北泉岳寺にあり毎年12月14日には北海道義士祭が行われる

地名の由来
アイヌ語のユペオツ(鮫居川)の意訳。音訳が江部乙(えべおつ)。
モデル
滝川市江部乙町

のどかな田園風景が広がる

鮫居川町は時川市北部に隣接する自治体(人口約3500人)

日本一の菜の花畑

見頃は5月中旬。青森の横浜町と作付面積日本一を競っている

ひつじがいる丸香高原

展望台、体験施設、オートキャンプ場、ゴルフ場などがある

道の駅さめいがわ

鮫居川町の名物(米、りんご、なたね油、合鴨など)を販売

地名の由来
アイヌ語のオリリオペツ(そこに波の立つ川)からウリロッペとなまり、ウリリュウと転訛した。
モデル
雨竜町

ドラゴンメロンが名物

瓜竜町は時川市北西部に隣接する自治体(人口約2500人)

瓜竜沼湿原

ミズバショウ(6~7月)、エゾカンゾウ(7~8月)が群生

ライスコンビナート

人気俳優のバラエティ番組で有名になった米どころ

道の駅うりりゅう

写真や書道のギャラリーが充実。米入りの揚げ蒲鉾が美味

地名の由来
アイヌ語のトック(凸起(物)・凸出(物))、プト(川の入口)の音訳。
モデル
新十津川町

農BORDERで雪遊びを発信

徳富町は時川市の南西部に隣接する自治体(人口約6800人)

公共施設が充実

町民は公共施設のほとんどを町内料金で割安に利用できる

日本一終発の早い駅

札沼線の北海道医療大学駅から先の単線非電化区間が廃止予定

クジラの化石がある物産館

手作りアイスが120円。地酒や奈良県の名産品などを販売

地名の由来
アイヌ語のピラケシ(崖の下)の音訳。
モデル
赤平市

かつて炭鉱で栄えた町

平岸市は時川市の東部に隣接する自治体(人口約1.1万人)

西洋の城のような巨大な駅

6階建ての交流センターと簡託駅を合築。窓口営業時間が短い

旧佳友平岸炭鉱立坑跡

1994年閉山。日本一のズリ山階段(777段)がある

日本最北の城、家康城

日本人形メーカーが建てた城だが倒産し現在は廃墟化

地名の由来
アイヌ語のオタウシナイ(砂原の多い川)を意訳。音訳が歌志内(うたしない)。
モデル
砂川市

お菓子屋さんと公園の町

砂原市は時川市の南東部に隣接する自治体(人口約1.8万人)

砂原市立病院

充実した医療で時川市から通院している人、救急搬送も多い

特徴的な建物

ヨーロッパの城のような青い三角屋根の建物が多い

砂原発電所

郊外の南西部に北海道電力の石炭火力発電所がある

スイートロード

国道12号沿いにおしゃれなお菓子屋さんやカフェが10軒以上

日本最北のサービスエリア

道央道の砂原ハイウェイオアシス館は全道のおみやげが揃う

北海道子どもの国

砂原市は市民一人あたりの都市公園面積が日本一

ラベンダー園

見頃は7月中旬。近くの牧場はジェラートが絶品

地名の由来
アイヌ語のアイ(矢)、オウヌ(番う)の意訳。音訳が藍凰(あいおう)。
モデル
厚岸町奥別寒辺牛

道東の泥炭地、藍凰泥炭(あいおうでいたん)があり、軟弱地盤の湿地帯が広がっている地域。
矢番羆事件で集落が一夜にして壊滅し、現在は慰霊碑と藍凰神社だけが残っている。

藍凰神社

藍凰める・りこ姉妹が育った、矢番集落の外れにある神社。

地名の語源にちなみ、狩猟神として建御名方神(たけみなかたのかみ)が祀られているが、諏訪大社との関係は不明。
矢番羆事件では建御名方神の加護により藍凰神社だけが被害を免れたという。

ルール

  • 滝川市とその隣接自治体はすべて架空の地名になる。 ex.「滝川市」→「時川市」、「雨竜町」→「瓜竜町」
  • 物語世界に「空知」という地名は存在しない。「空知」はすべて「江知」に置き換える。 ex.「空知英秋」→「江知英秋」、「ソラチのたれ」→「エシリのたれ」
  • よって「空知川」は「江知川」となるが、「石狩川」はそのまま。また、「札幌市」「旭川市」などの地名もそのまま。
  • 江部乙町は滝川市と合併しておらず、別の自治体(鮫居川町)である。 ex.「道の駅たきかわ」→「道の駅さめいがわ」

時川・江知について

  • 「空知」という地名は、空知川上流にある芦別市の「滝里」をアイヌ語でソー・ラプチ(滝のかかる所)といい、後に空知川全体をソー・ラプチ・ペツ(滝のかかる川)と呼んだことに由来する。「滝川」はその意訳であり、「空知」はその音訳である。
  • 「ソー・ラプチ・ペツ」→「滝川」→「時川」→「エシリ・ペツ」の順に直訳でアイヌ語を当てはめていったので、時(法則)と川(地形)というアイヌ語の文法的におかしな組み合わせである点にはご容赦いただきたい。
  • 「時川」という地名考案には、札幌市の厚別川上流にある「アシリベツの滝」を参考にした。アイヌ語でアシリ・ペツ(新しい川)といい、「新川」はその意訳であり、「厚別」はその音訳である。

ハルニレ(春楡)山について

  • 赤平市の「エルム町」は、芦別市の「イルムケップ山」に由来する地名である。イルムケップはアイヌ語のエン・ルム・ケップ(尖った頭を削った神の台座)が転訛したもの。
  • 北海道にエルムという地名が多いのは、北海道に分布するハルニレの英語名がエルムだからという説もあり、ここから「イルムケップ山」を「ハルニレ山」とした。

九六式人造人間きゅうろくしきじんぞうにんげん 96CTH

第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の計画のみに終わった兵器。
石炭(無煙炭)を原料とする人造人間の試作型。

特攻兵器として期待されていたが、調整が難しく量産には至らなかった。
アメリカ軍の接収を逃れた雌1体(クロ)が陸上自衛隊時川駐屯地に保管されている。

名称からわかるように皇紀2596年(西暦1936年、昭和11年)制式採用となっているが、

  • 人造石油製造事業法の制定(西暦1937年、昭和12年)
  • 時川人造石油の設立(西暦1939年、昭和14年)
  • 四井鉱山人造石油大牟田工場の操業(西暦1940年、昭和15年)

より前であり、実際の制式採用年は不明。黒崎皐月の研究開発はそれ以前から行われていたものと推測される。

研究段階では雌雄同体だったようだが、大日本帝国陸軍の要請で雄個体のみとされた。しかし製造過程に問題があり、実際には雌個体が大量に出てしまったらしい。また運良く雄個体が製造できても、統御に必要な知性を持ち合わせるには至らなかったようである。

この問題を解決すべく一〇二式人造人間の開発が始まったが、大牟田工場が爆撃破壊され、黒崎皐月は死亡したとされている。主要人物を失い計画は頓挫した。

一〇二式人造人間ひゃくにしきじんぞうにんげん 102CTH

第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の計画のみに終わった兵器。
石炭(亜瀝青炭)を原料とする人造人間の量産型。

九六式人造人間の製造過程の問題を解決し、高い知性を持つ雄個体の生産性を高めたもの。
希少性が高い無煙炭が原料の九六式に比べ低コストだが、着火性が良い亜瀝青炭が原料であるため火気に弱いのが欠点。

皇紀2602年(西暦1942年、昭和17年)制式採用だが、大牟田工場が爆撃破壊され計画の主要人物である黒崎皐月を失い、未成のまま終戦した。

頭部に九六式人造人間と識別するための突起物があることから通称オニと呼ばれる。

作中でオニと呼称される個体は、黒崎皐月の娘、早苗が独自に研究を続け、2000年頃に完成させたものである。
しかし早苗はこれに飽き足らず、質の悪い泥炭からも石炭人化を行おうとした。そして悲劇が起こった。

道東の矢番地域に出現したオニが暴走し、集落を壊滅させて逃走。死者の中には藍凰める・りこの両親も含まれる。
世間的には三毛別羆事件の再来として報道された(矢番羆事件)。
逃走したオニは10年以上経過した現在も行方不明(旭川市の神居古潭で目撃情報あり)。

石炭人化せきたんじんか炭人たんじん CTH (coal to human / coal to homunculus)

石炭人化とは石炭を原料に人造人間(ホムンクルス)を生産すること。この人造人間を炭人と呼ぶ。

定期的に体組成物である石炭の補充が必要だが、1日数回の食事が必要となる人間に比べ、週1回~月1回程度の補充(消耗状態による)で長時間稼働が可能とされる。また、自らの寿命と引き換えに超人的な力が出せることから、特攻兵器として有用であると考えられた。

第二次世界大戦期、石炭は自給できたが石油は自給できなかったドイツが開発した石炭液化技術を導入した日本は、福岡県大牟田市と北海道時川市に人造石油工場を建設した。
表向きには人造石油を生産することになっていたが、実際には大牟田の黒崎皐月が開発した九六式人造人間の研究が極秘裏に進められていた。
しかし技術力や物資が不足しており、工場も爆撃破壊されたことから計画通りに行かず、失敗に終わった。黒崎皐月はこの時死亡したとされている。

石炭とは、数億年前の植物が完全に腐敗分解する前に地中に埋もれ、そこで長い期間地熱や地圧を受けて変質(石炭化)したことにより生成した物質のことである。
黒崎皐月は石炭人化による地底人の可能性を示唆している。人類は石炭人化を人工的に行う技術を見つけたに過ぎず、石炭にはもともとそういうスイッチがあったのだという。
それはサルが進化してヒトになった地球上の歴史を根底から覆す世紀の大発見になりかねない。黒崎皐月の研究は闇に葬り去られたとの見方が強い。

石炭人化には亜瀝青炭が用いられる。日本で生産されていた石炭の多くは亜瀝青炭(炭素含有量78~83%、含水量15~45%)であり、第二次世界大戦時は燃料不足のため亜炭(炭素含有量70%以下の質の悪い褐炭)も多く利用された。
なお、石炭化度が高い無煙炭(炭素含有量90%以上)は石炭人化に適さず、また炭素含有量が低く含水量が多い泥炭も石炭人化に向かない。

黒崎早苗は亜炭や泥炭からも石炭人化を行おうとしたようであるが、案の定質の悪い凶暴な一〇二式人造人間が出来てしまったようである。
亜炭や泥炭から石炭人化が行えるようになれば、素人でも園芸用の土壌改良材で石炭人化できる可能性がある。

石炭人化は永久機関ではない。原料炭の燃焼エネルギーを使い果たせば機能停止する。新陳代謝によって失われた石炭は補充が必要である。用途や補充する石炭の種類にもよるが、週1~月1回の補充で活動を維持可能とされる。
クロが石炭飴を食べているがプラシーボ効果で元気になっているだけであり、本来は石炭の補充が必要な空腹状態にある。そのまま活動し続けるのは寿命を縮めるだけである。
九六式人造人間は無煙炭なので燃焼時の煤煙や臭いが非常に少なく日常では排泄物がほぼないが、一〇二式人造人間は亜瀝青炭なので煤塵発生が多く黒煙を吐く。

関係 名前 性別 年齢 住所 学歴 所属 身分
親友 白鳥 17 時川市西町 時川商業高校普通科 在学中
吹奏楽部(担当:ホルン)
高校2年生
主人公 日野伊鶴 17 時川市時の坂町 時川商業高校会計科 在学中
吹奏楽部(担当:トロンボーン)
時川神社 高校2年生
日野邦衛 45 時川市時の坂町 刻學院大學 卒業 時川神社 神職(禰宜)
日野美咲 45 時川市時の坂町 刻學院短大幼児教育科 卒業 時川神社 神職(権禰宜)
父方の祖父 日野邦作 81 時川市時の坂町 刻學院大學 卒業 時川神社 神職(宮司)
母方の祖父 南雲一郎 69 新潟県阿賀野市 (南阿賀油田を退職)
母方の祖母 南雲幸子 72 新潟県阿賀野市 専業主婦
同居人 藍凰める 17 厚岸町矢番 (時川商業高校に転校) 藍凰神社 高校1年生
同居人 藍凰りこ 16 厚岸町矢番 (時川商業高校に転校) 藍凰神社 高校1年生
同居人 クロ 74 時川市泉町 陸上自衛隊時川駐屯地
クロの監視 藤丸 42 時川市泉町 防衛大学校 卒業 陸上自衛隊時川駐屯地 二等陸佐
クロの監視 新田 28 時川市泉町 防衛大学校 卒業 陸上自衛隊時川駐屯地 一等陸尉
オニ 13 不定
黒崎皐月 103 不定 研究者
黒崎早苗 40 不定 研究者

黒崎早苗
100
黒崎皐月
80
一〇二式人造人間
60
九六式人造人間
50
オニ
40
藍凰める
30
日野美咲
10
15
日野邦衛
10
10
藤丸
15
日野邦作
12
新田
10
藍凰りこ
7
日野伊鶴
5
クロ
3
白鳥

解説

  • 黒崎皐月九六式人造人間一〇二式人造人間の開発者。30歳で石炭人化技術を応用した改造人間の実験体となりほぼ不死身。
  • 黒崎早苗は黒崎皐月の娘。日野美咲の異父姉妹。石炭人化技術を応用した改造人間手術によって適齢期の14歳で幼体固定した完全体。
  • 九六式人造人間自衛官の約3倍、一〇二式人造人間自衛官の約4倍の戦闘力。(藤丸二等陸佐を1とした場合)
  • オニ黒崎早苗によって泥炭から造られた一〇二式人造人間の亜種。亜瀝青炭から造られる正規品と比較して3分の2の戦闘力。
  • 藍凰めるは物語開始時点では最強キャラだが、野生の勘に頼った戦い方で身体能力>運動能力>霊能力のため巫女としてはまだ未熟。
  • 日野伊鶴の母、日野美咲黒崎皐月の娘。南雲幸子は継母。黒崎皐月の出現によって悪の力に目覚め、善悪の力が拮抗している状態。
  • 日野伊鶴の父、日野邦衛元陸上自衛官で機甲科戦車部隊所属。神職としては最低限の霊能力が操れる程度。
  • クロはモスボール保管された九六式人造人間の雌個体である。現役復帰すれば九六式人造人間と同等の戦闘力となる。
  • 日野伊鶴藍凰りこは巫女修行中のため戦闘力は期待できない。また、白鳥は民間人なので戦闘力は皆無。

日野家

1890年(明治23年)日野邦重は18歳で両親とともに時川屯田兵村に入植した。

邦忠は旧熊本藩士で温厚篤実な敬神家であり、兵村に建設された神霊遙拝所(時川神社の前身)を託された。

紆余曲折を経て神霊遙拝所は時の坂に遷座して時川神社となり、その跡地は整備されて時の川運動公園となった。

以来日野家は代々時川神社の神職を世襲してきた。

なお、邦作の妻渡辺千鶴は身体が弱く、邦衛が幼い頃に病死した。

黒崎家

黒崎皐月は石炭人化の研究者であり改造人間である。南雲一郎との交接により妊娠したが、改造人間から人の子が生まれることに懐疑的だった。

しかし美咲が生まれたことにより、興味の対象は改造人間同士の交配実験へと移り、一郎を改造しようと思ったが美咲を連れて逃げられてしまった。育児放棄するつもりだったから皐月としてはむしろ好都合な展開だった。

優秀な研究者を拉致監禁し改造したうえで交配実験をした結果として早苗が生まれた。早苗にはさらに適齢期の14歳で改造手術を施した。

南雲家

1971年(昭和46年)南阿賀油田に勤めていた南雲一郎は、黒崎皐月に蠱惑され妊娠させてしまい、翌年美咲が生まれた。

しかし入籍時に皐月の実年齢を知って恐ろしくなった一郎は、赤ん坊の美咲を連れて逃げ出してしまった。

美咲の養育に困った一郎は、鷹島幸子とお見合いで結婚。そのため幸子は美咲の継母となるが、美咲はそのことを知らずに育った。

鷹島家

鷹島幸子の両親は秋田県由利本荘市で油田の試掘調査をしていた(後の由利原油田)。お見合いで両家が石油関連の仕事をしていて驚いたという。

??家

2004年(平成16年)の矢番羆事件で集落が一夜にして壊滅し、める・りこ姉妹の両親もその犠牲となった。

生存者は藍凰神社の神主とめる・りこ姉妹の3名だけで、現在に至るも両親は特定できておらず、神社名から藍凰姓を名乗っている。

矢番集落の戸籍をたどると、時川村と同時募集されたが厚岸郡太田村に振り分けられた屯田兵の末裔が多かったという。

なお、藍凰神社の神主は矢番集落を失い、複数の神社を兼務してめる・りこ姉妹を養育してきた。

巫女修行と部活の両立に悩む日々

「あーっもう、なんで吹部なんかやってんだろー。剣道か弓道にすればよかった」

「いきなり何言ってんの? つか弓道部ないでしょ? うちの学校」

伊鶴は部活に身が入っていなかった。

母に突然、クロを守りたかったら巫女修行しろと言われて、その上部活よりも修行を優先しなくてはならなくなった。

当然伊鶴は反発したが、時川神社の結界を破るような強敵が現れた以上、強くなるしか選択肢がなかった。

年末年始、春祭りと秋祭り、七五三の手伝いで巫女の格好をしたことはあるものの、普段から巫女装束を身に着けたこともなかったので戸惑うことばかりだった。

「そうだ、フルート! フルートだったら龍笛みたいなもんだから修行になるかも?」

「今楽器変えたら大会出られなくなるでしょ? はいはい練習練習!」

伊鶴はトロンボーン、白鳥はホルンだけど個人練のときはいつも一緒。

だから白鳥は最近部活を休みがちな伊鶴のことが心配。このままだと大会に出られるかも危うい。

日野伊鶴の人物像

  • 物語開始時点では巫女でも異能力者でも何でもない、ただ実家が神社というだけの普通の女子高校生。
  • 黒崎皐月の出現によって、急に巫女修行するよう母に言われ、クロを守るためには力が必要だと焦っている。
  • 思い込みが激しいところがある。
  • 第1話冒頭でななむらから時川神社まで500m、6%勾配の上り坂を全力で走れてるので体力はそこそこあるはず。(高校までは約2km)
好き 嫌い
  • 甘いもの(和菓子より洋菓子派)
  • お風呂・温泉
  • 辛いもの

矢番羆事件の真実を知り、めるが失踪

2016年3月15日、めるが中学校を卒業した。

卒業式の後、藍凰神社に帰ってきためるに、神主は大事な話があるといい、そこにりこも呼ばれた。

神主が語り始めたのは2004年に起こった矢番羆事件のことだった。


めるとりこは今でもしばしばうなされる悪夢を見る。

暗闇の中を必死に走って逃げている。靴が脱げて裸足になっても、それを気に留める暇なんてなかった。逃げなければ噛み殺される。

4人は神社を目指していた。神社にたどり着けば助かるかもしれない。確証はなかったが、今はただそう信じるしかなかった。

神社まであと一歩というところで、りこは小石に躓いて転んでしまう。めるがなんとか立たせようとするが泣きじゃくって動けない。

直後、背後で悲鳴が聞こえた。両親がヤツに襲われたのだ。血しぶきが2人に降りかかる。めるはとっさにりこに覆いかぶさった。

りこの悪夢はいつもそこで終わるのだが、めるにはまだ続きがあった。めるの背中を爪で深くえぐり取られた記憶が…


矢番集落を一夜にして壊滅させ、両親を殺し、めるに重傷を負わせたヤツは、世間にはヒグマの仕業だったと報道された。

悪夢の後、神社に駆けつけたマタギによってヒグマは撃ち殺され、めるとりこは助けられたのだという。

しかし神主は、ヤツがヒグマというのは事件を隠蔽するための作り話だと語った。ヤツの正体はオニだというのだ。

オニ…? りこは耳を疑った。めるは神主の話に熱心に耳を傾けており、2人のリアクションは対照的だった。


事件の少し前から、矢番集落には少女の幽霊を見たという噂が立っていた。

矢番集落の周囲には軟弱地盤の湿地帯が広がっていて、不用意に立ち入るのは危険で、あんなところに子どもがいるわけないと。

だから幽霊だというのだが、足があるのを見たという者もいて、幽霊じゃなければあの少女はなんなのか? と話題になっていた。

それから程なくしてあの惨劇が起こった。神主は事件を遠巻きに見つめて嘲笑う少女を見たのだという。

少女が造り出したバケモノが集落を襲った。そのバケモノがオニだと神主は言うのだ。


両親を殺したヒグマに対するやり場のない怒りに、時折激しい感情を露わにしてきためるは、居ても立ってもいられなくなってしまった。

翌朝、りこが目覚めるとめるはいなくなっていた。慰霊碑に立てられた線香の長さから、めるはまだそう遠くへ行ってないはずだった。

りこと神主は手分けして探し回ったが、めるを見つけることはできなかった。

姉は一体どうしてしまったのか? めるの胸に秘めた感情を、りこは理解することができなかった。

しかし、唯一の肉親である姉が突然姿を消して、りこの心にはぽっかり穴が開いてしまった。

位置ゲー・御朱印…スマホ人脈でめる発見

矢番羆事件で悲劇の舞台となった旧矢番集落にある慰霊碑と、集落の外れにある藍凰神社は位置ゲームのユーザー間では名の知れた存在だ。

ポータルを申請したのは、りこがまだ中学生だった頃のこと。神主の理解と同意を得るのに苦労したという。

鳥取砂丘のような大量のポータル申請は却下されたが、事件から十余年、廃墟は危険地帯と化しており、申請しなくて正解だった。

夏から別の位置ゲームが流行ってユーザー数が増え、遠方から足を運んでくださる参拝客も年齢層が変化したからだ。


孤児姉妹を養育するため、藍凰神社の神主は近隣の神社をいくつか兼務することになり、日中は留守にしていることが多かった。

そもそも事件後は敬遠されて、参拝客がぱったりと途絶えてしまっていたので、社務所はずっと閉じたままだった。

そんな社務所を夕方だけでも開けて、御朱印ブームに乗りたいとりこが言い出した。ポータル申請したのもこの頃だった。

スポーツ万能な姉に代わって家事全般を任されていたりこは、幼い頃から電話番をすることも多く、連絡手段としてスマホを買い与えられていた。

ネットの反応に敏感なりこは、矢番羆事件の知名度の高さで小遣い稼ぎができるのではと考えたのだ。

御朱印が欲しい人とはLINEで連絡を取り合い、放課後の限られた時間を有効活用。周辺観光案内もこなす気の配りようで評判になった。

人付き合いが苦手なめるもたまに手伝ってくれたが、おかげでオタク嫌いになってしまったと苦笑する。


めるが行方不明になってしばらくは社務所を開けてもどこか上の空になっていたりこだった。

この頃になると、週末には帯広や北見からわざわざやってくるリピーターも増えていた。

すると当然、「最近お姉ちゃんの姿を見ないけど、どうしたの?」って話になってしまう。

最初は口ごもっていたりこだったが、さすがに会うたびに色んな人から心配されるのも心苦しくなって家出したと教えてしまう。

しまった。りこはこの後どうなるかわかっていた。なにしろ行動力のある彼らのことである。


める目撃情報の第一報が入ったのは9月に入ってからのことだった。

場所はタウシュベツ川橋梁、つまり糠平湖。予想以上に遠くに行っていた。

某アニメファンがこの時期にしては珍しく橋梁が水没していないというので見に行ったら巫女さんがいたというのだ。

矢番の湿地帯と糠平湖に共通点が見いだせず、めるの行動パターンが読めない。

しかし、有力な手がかりであることには間違いなく、彼らに感謝するとともに、引き続きSNSを注視していくこととなる。

翌春、神居古潭で再びめるが目撃され、同時にオニも撮影された動画が流れネット上は騒然となった。頭部にツノがあり確かにオニだ。

この時も、めるのように一人で勝手に飛び出していってしまうのではなく、転校手続きなど用意周到なところが彼女らしい。

藍凰りこの人物像

  • 両親をオニに殺されたことについて、姉妹で感情の隔たりがあり、激昂する姉が理解できない。
  • シスコンであるが、唯一の肉親である姉の失踪による喪失感と、1年におよぶSNSによる追跡行為により、再会後は独占欲が強くヤンデレ気味。
  • 伊鶴と白鳥はLINEをやっていて、そこにりこも加わることになるが、伊鶴に対する独占欲が強い白鳥にとって、りこはよき理解者となっていく。
  • 伊鶴は焦りが巫女修行の妨げとなるが、りこは何でもスマホ頼みなのが仇となる。スマホが電池切れになると途端にうろたえてしまう。
  • 大人に対して物怖じしない性格で、人付き合いが上手い。先見の明と商才があり、商業高校に通う伊鶴からは一目置かれる存在である。

異能の発現

それは小学生の頃だった。

「りこ、ちょっといいかな?」

「なーに? おねえちゃん」

「こうやってみて?」

めるは学校から帰ってくるなり、りこに駆け寄ってきてその場で立たせた。

りこはひとりあそびに夢中だったので、水をさされて不機嫌だ。

「?? こうじゃわからない…」

「んー? そうだなぁ…ドッジボールでボールを受け止めるときわかる?」

めるはそわそわした様子で両手を握ったり開いたりした後、腕を胸の前に引き寄せて、手のひらを合わせてから少し左右に離した。

りこはそれをぎこちない身動きで、見よう見まねでやってみせる。

「あー、こんな感じ?」

「そうそう。何か感じない?」

「別に…何も?」

「そっかぁ…」

めるは小首をかしげた。

「んー、じゃあさ、そのまま腕をぐーっと前に突き出してみ?」

「こーお?」

宙空に向かって、何か大きなものを押し返すようなポーズを取る2人。

「なんか手のひらから熱いものが出てきたりしない!?」

「何もないよお。おねーちゃんどうしたの? なんか悪いもの食べた?」

「え゛っ? なんでそうなるの?」

「だっておねーちゃん、ヘンなんだもん」

2人はポーズを取るのをやめた。めるは肩を落としてしょげている。

「…そっか、やっぱりあたしだけなのか」

「おねーちゃんだけ?」

「あ、ううん。気にしないで! ごめんね、ヘンなことさせて!」

めるはそのときようやく床に散らばっていたおもちゃを見つけて、バツが悪そうにその場を後にした。

めるがオタク嫌いになった理由ワケ

体を動かすのが好きで、人付き合いが苦手なめるは、女子のグループに入れず、男子と遊ぶことが多かった。

しかし第二次性徴が始まると背中の古傷が疼き、体の奥底からどす黒い負の感情が湧き上がってくるのを感じるようになった。

それが、あの時手のひらから出てきた熱いものの正体だった。

この熱いものは、容易く人を傷つけることができるものだった。めるは戦慄した。

姿見に映る白い背中にいまだに癒えぬ赤黒い傷痕。

忌々しい。これは本当にヒグマの引っかき傷なのだろうか?

力を抑えきれず、誰かを傷つけてしまうかもしれないという恐怖から、めるはますます周囲から孤立していった。


「バカヤローッッ!!!」

カキーン。またボールはフェンスを通り越して大ホームラン。

「もうボール拾いに行くのめんどくさいからやめにしようぜ」

「めるちゃん今日はヤケに荒れてるなー、なんかあったのか?」

めるを連れてきた野球部の連中が呆れ果てている。

千本ノックのつもりが千本ホームランになってる。ここはバッティングセンターじゃない。

野球場の中と外を球拾いで全速力で行ったり来たりしてるうちに、足腰が立たなくなって全員芝生の上でふんぞり返っていた。

「此河えるさのバカにフラれたんだってよ」

「えるさ? あーあの中二病の?」


「おまえこの前わかるって言ってたじゃんか! 俺にも同じ力があるって!」

尻尾を巻いて逃げようとしていたえるさをフェンスの隅に追いやり、壁ドンして畳み掛けるめる。

そのフェンスの横には黒焦げて空いた穴があり、遠くの景色がキレイに見えてしまっていた。

「ま、まさか本当にっ! ち、ちかっ、力が使えるとは思ってなかったんだよ!!」

えるさはすっかり腰が抜けてガクガクブルブル震えて縮み上がってしまっている。

見れば学ランのズボンの股ぐらにシミができてる。こいつチビリやがった。

「なんだよそれ…、やっと…、やっと仲間を見つけたと思ってたのにっ!!!」

めるは大粒の涙を流し、獣のような声を上げて泣いた。


えるさはこの日を待ち侘びていたと言い、放課後めるを屋上に呼んだ。

星の並びがどうとかこうとかで不吉なことがこれから起こるので、力を持つものが立ち上がるのは今だという。

まずは世界に我々がいることを知らしめるべく、力を発動させてアピールしようじゃないかというのだ。

で、力を使ってみせた結果がこれだ。こんなはずじゃなかったという表情がありありと見える。

えるさの頭の中では、何も起こらないじゃないかと言われても、世界は我々の存在に恐れをなしていると自己満足に耽るつもりだった。

…かどうかは定かではないが、まあおおむねそんなところだろう。恐れをなしているのは世界じゃなくてえるさだが。


翌日からえるさは、めるの使い魔になると言い出した。まったく大した根性である。

藍凰めるの人物像

  • 巫女装束がトレードマークのキャラクター。
  • 謎の敵と戦う孤高のファイターであり、ゆえに勝手に写真を撮られる機会が多く、オタクが嫌い。
  • 目の前で両親を殺され、自身もりこをかばって背中を爪で深くえぐり取られ、その傷跡はいまだ消えない。
  • オニに両親を殺害されたことに対して強い憎しみを抱いている。
  • 超人的な体力、精神力、運動能力の持ち主。そのしぶとさにはオニも恐怖するほど。
  • しかし、野生の勘に頼った行動パターンで力の使い方が未熟であり、いつもオニを仕留めるには至っていない。
  • 中学では男子に人気があり、スポーツ万能なので部活の助っ人にひっぱりだこになっていた。
  • 高校に1年通っていなかったため、りこと同じ学年になってしまい勉強の虫になっている。
  • 本の虫のクロが勉強を教えてくれるが、オニと同じ憎しみの対象ゆえに拒絶してしまう。
  • 体当たりで行き当たりばったり。人付き合いが苦手で不器用。
  • ピザ窯用の薪割りのアルバイトをして越冬したので、最近ピザが大好物になった。
好き 嫌い
  • おにぎり
  • ピザ
  • オタク

小中高と入学卒業で校名が違った少年時代

戦前生まれの人達にとっては珍しい話ではないのかもしれないが…と前もって断りを入れておく。

戦前の尋常高等小学校が戦時中は国民学校になり、戦後は現在の6年制小学校に変わったことくらいは誰もが知ってることなので割愛する。

興味深いのは中学・高校だ。


邦作は時の川中学校OBだが、入学時は第一中学校だった。当時第一中学校は校舎不足のため、旧校舎、第一小学校、時川高校に教室が分散していた。

邦作がどの校舎に通っていたかは定かではないが、せっかく3年制中学校に変わったのに戦前と変わらず第一小学校に通っていた可能性が高い。

しかし苦しい時期も長くは続かず、翌年には新校舎が完成し、全生徒がひとつの校舎に通えるようになった。


時川高校は開校から20年あまり女子高だった。残念ながら邦作が入学する2年前に男女共学になってしまった。

…って女子高のままだったらそもそも入学できないか。中学1年の頃はまだ女子高だったわけで、女子高の教室に通ってた可能性もまた否定できない。

入学時の校名は時川東高校で、東ということは西もあったのだが、当時の西高は現在の工業高校だったりとややこしいのでこの辺も割愛する。


邦作は高校卒業後、刻學院大學入学のため上京したが、さすがに大学まで途中で校名が変わることはなかったようだ。つまらないが仕方がない。

ちなみに、大学卒業までの間に、時川町が市制施行で時川市になっている。

刻大OBかつ時川神社の神主ということで、どうやら邦作は時川市の刻學院女子短大誘致にも一枚噛んでいたようだが、それはまた別の話。

時川高校(モデル:滝川高校)

あさりよしとおの母校であり『中空知防衛軍』に旧校舎が登場する

邦衛に自分と同じ道を歩ませようとした

時の川中学校と陸上自衛隊時川駐屯地はわずか400mしか離れていない。

時の坂から時の川中学校までの通学路では、駐屯地を出入りするジープやトラックを頻繁に目にすることになる。

親が自衛官という家庭も多く、中卒・高卒で自衛隊に入りたいという子がいてもたいして珍しいことではない。

かくいう作者も、高校の吹奏楽部で音楽隊から来た先生に誘われたことがあるくらい。


6月中旬、空砲の爆音が市内全域に鳴り響き、上空にはヘリコプターが飛ぶ。

邦衛が自衛隊に興味を持ったのは、クラスメートに誘われてついて行った駐屯地創立記念行事のことだった。

時川駐屯地は普通科だが、祭りのときは戦車がやってくる。そいつに心を奪われた。俺は、戦車に乗るぞ。

邦衛は小学生の頃から体格がよくてスポーツもできて、勉強もできたから自衛官になるのには問題なかった。

ただひとつ、家庭の事情を除いては。


もともと身体が弱かった母千鶴は、邦衛が4歳のときに病死してしまった。

以来父邦作は息子に対して、頑なに自分と同じ道を歩ませようとした。

中学を卒業したら時川高校に進学して、高校を卒業したら刻學院大學に進学して、大学を卒業したら家業を継ぐ。

代々神職を世襲してきた家系に生まれた以上、先々のことを考えればこれがベストな人生設計であると。

幼少期の戦争体験もあり、自衛官になりたいなどもってのほかだった。


だから邦作と邦衛はずっと仲が悪かった。顔を合わせるたびにいがみ合っていた。

時川高校は進学校なので邦衛も異存はなかったが、高校卒業後については揉めに揉めた。

邦衛は少年工科学校卒からのエリート街道を断たれた以上、大学に4年も行くなんて時間がもったいなくて仕方がなかった。

そこへ刻學院女子短大が次年度から男女共学化するという話が舞い込んでくる。

というわけで邦衛は市内の短大に通うことになるのだが、その後邦作に國學院大學に編入学して神職の資格を取りさえすれば、あとはもう知らん、勝手にしろと言われて、結局4年間大学に通うことになってしまい、短大卒で自衛官になることは叶わなかった。

日野邦作の人物像

  • 頑固一徹。妻の病死により育児方針が一本道に固まってしまった。家庭内でも孤立しがちで寂しがり屋な一面もある。
  • 邦作と邦衛はずっと仲が悪い。ただ、伊鶴の前ではいがみ合う姿を見せないよう互いに気を遣っている。
  • 幼少期の戦争体験から反戦意識が高い。
  • 刻學院女子短大誘致に絡み、佐久山・吉奥市長時代からの古い人脈がある。

南雲美咲との出会い

親の束縛から逃れたい一心で刻學院短大に通うことになった邦衛。

自宅通学ということで毎日親と顔を合わせる生活に変わりはなく鬱屈としていた。

特に目的がなく短大に入ってしまったため、趣味の読書に明け暮れる日々。

読むのもゼミとは無関係な戦記物ばかり。いちおう日本近現代史ということになるのか。

そうして怠惰な時間を過ごしているうちに、あっという間に1年は過ぎ去っていった。


「ものすごい本の虫がいて絵本では手に負えないから助けてほしい」

そんな邦衛に転機が訪れたのは幼児教育科の南雲美咲との出会いだった。

聞けば訳あって外に出られないという子どもがいて、市立図書館や大学の蔵書では足りなくなってきた。

本の厚さや難しい漢字は問題ないが、内容のチェック項目がいくつかあり、条件を満たす本探しに人手が足りないのだという。

そこでいつも本を読んでいる邦衛に白羽の矢が立ったというわけだ。

なんで俺が…と言いかけたが、美咲も面倒事を押し付けられて、頼るアテがない様子だった。


「これ全部読んだっていうのか? 子どもが!? ウソだろ!!?」

膨大な既読リストに目がくらんだ。2人が見たことがないような難しい書名がずらずらと並んでいる。

これは司書に任せるべき案件なのではないのか? とも思ったが、話の筋からすると既にお手上げ状態なのか。

どうやら依頼主は市役所かどこかのお偉方らしく、できる限り内密に済ませたい様子らしい。

それで時川市の息がかかったこの短大に丸投げしてきたのか。困ったもんだ。


しかし、それ以上に問題だったのは、いくつかの不可思議な条件だ。

特に気になったのは近現代史についてだ。

産業革命後がすっぽり除外されているにもかかわらず、石油や電気を使用したものについては特に制限がないことだった。

わかりやすくいえば、蒸気機関車はNGだが電気機関車はOKだというのだ。

これはもう陰謀めいた検閲による情報統制なのではないか? 邦衛は気味が悪くなってきた。


人力では無理だとあきらめたのは1週間くらい経ってからだっただろうか?

結局この件は、既存の図書から条件に見合うものを提示するという先方の意に沿わない結果となってしまった。

その代わり、当たり障りのない内容で新しい本をでっち上げるという方向に話を持っていくこととなった。

そう、つまりそれはゼミでやってる創作そのものだった。

結婚・転職…父娘関係に悩む邦衛

邦衛と美咲はその後も2人で食事をしたり、ドライブに出かけたりする仲になっていた。

美咲は新潟出身で、北海道に憧れて軽い気持ちでやってきたのだという。

それから1年後、美咲は短大を卒業して時川市内で保育士として働くことになった。

邦衛も短大を卒業したらさすがに自衛隊に入ってもいいだろうと思っていた。

しかし邦作は神職の資格取得にこだわり、刻學院大學への編入学で上京することになってしまった。


そうして始まった2人の遠距離恋愛は、邦衛の大学卒業後も続いた。

ようやく親の許しを得て陸上自衛隊に入隊し、念願の機甲科戦車部隊に配属された邦衛。

交際も順調に進み、ついに結婚することになった。

しかし父邦作の体調が思わしくなかったこともあり、美咲は時川に残り邦作のそばにいることにした。

長年勤めてきた保育所も辞めてしまい、美咲は女性神職の勉強を始めた。

せっかくの新婚生活を単身赴任でスタートさせることになってしまい、気まずい空気が流れ始めた。


2000年(平成12年)28歳で伊鶴が生まれると、美咲はますます家事と育児に忙殺される日々を送るようになった。

それに追い打ちをかけたのが父邦作の入院だった。札幌の大学病院ということで、見舞いに行くのも負担になった。

邦衛にとって戦車乗りは天職であったが、やりたい仕事を辞めてまでして父の面倒を見てくれている美咲のことを思い、自分だけが夢を見続けているわけにはいかないと、自衛隊を退職して家業を継ぐことを決心した。


あれから15年、伊鶴は時川商業高校の2年生になっていた。

近年は時川高校の学力が落ちてきたので、時川高校にこだわる必要性は薄れてきている。

とはいえ大学入試のために普通科に通わせたかったが、伊鶴は就職希望で会計科を選んだ。

こんなご時世だから家を継げと強制はしたくないものの、将来を考えれば自分のような苦労はさせたくなかった。

また娘に、自分が元自衛官で戦車に乗っていたということを話したことはまだなかった。

時川神社の神主としての自分しか娘は知らないので、話すべき必要があることなのかどうかも判断がつかずにいた。

父親としてこの先どう娘と接していけばよいのか、思い悩む邦衛なのであった。

日野邦衛の人物像

  • 戦車が好き。 ヒヤッホォォォウ!最高だぜぇぇぇぇ!!
  • 元陸上自衛官で戦車部隊所属の経験をもつが、時川神社を継いだ頃伊鶴はまだ2歳だったこともあり、そのことをまだ話せていない。
  • 未練がましい性格。邦衛にとって戦車乗りは天職であり、本心は今でも前職の方が良かったと思っている。

日野美咲の人物像

  • 元保育士で子どもが好き。面倒見がよく優しい。
  • 弱音を吐かずに1人でがんばってしまうので、気づいたときには手遅れになってしまう可能性大。
  • 藍凰めると似た境遇にあるが、身に覚えがないので、石炭人化との濃厚接触による異能力発現に気づいていない。

外の世界に出たい

本だけは何でも与えてくれたので、たくさん本を読んで、本の虫になった。

でも知りたくても渋られたものもたくさんあった。

クロはいつしか自分が情報統制されてる、管理されてる立場にあることに気づいた。


クロは過去に何度か脱走を試みていて、そのたびに痛い目に遭っている。

外の世界に出たらきっとすぐに連れ戻されて、またつらい思いをするに違いない。

だからいい子でいようとして、言いたいことが言えないでいる。


手紙を書いたら返事が届くと知って、紙と鉛筆を用意してもらって、手紙を書いたことが何度かあった。

けれど返事が返ってくることはほとんどなかった。

クロがしょんぼりしてかわいそうなので、看守が返事を書いたことがあったが、本で妙な知識がついているクロにはすぐにニセモノだと見抜かれてしまい、余計に悲しませてしまった。


本で見た彩り豊かな食卓に憧れ、実際に用意してもらったこともあった。

しかしクロにはそれが美味しいということが理解できず、寂しくてわんわん泣いたという。

とても長い時間眠っていたような気がする

窓も時計もない部屋で、外の様子はわからなかった。ドアには外からカギがかかっていて、内側からは開けられずビクともしない。

クロは外の世界には窓も時計も、車やパソコンもあることを知っている。使い方も全部本が教えてくれた。ただし本に書いてあることが全部真実だとしたら、だけど。

でも、寝て起きたら新しい本に書いてあることが少しずつ変わっていた。

外の世界で時間の大きな変化が起きていることは容易に想像がついた。


話し相手のお兄さんお姉さんが、寝て起きたら別の人に変わっていることがあった。

前の人はお嫁に行ったとか、遠い所に行ったとか、仕事を辞めてしまったとか…

そして、少し前まで馬車で移動していた人達が、急にガソリンで動く自動車に乗るようになったと知って違和感を覚えた。何かが欠落している。それが何なのかを知りたい。

自殺しようとしたら…

人や生物の生死は本に書いてあるし、物語には具体的な死に方も書いてあるので、マネしてみたくなった。

例えば首吊り。部屋の中に縄がなくても、着衣を脱いで輪にして高所にひっかければ首を吊ることができてしまう。

ところが、どんなにやっても苦しくなく、死ねない。すぐに看守に気づかれて止めさせられて、こっぴどく叱られる。

クロは自分がヒトではないことにだんだん気づいてきたが、看守に聞いても答えてくれずモヤモヤしていた。もっと自分のことを知りたい。

望まれて生まれてきたわけでもなく、厄介者扱いされるが、死なせてくれない。

自分は何のために生まれてきたのか? 自分の存在とは一体何なのか?

第1話 ④アフター

美咲が昔読み聞かせに行ったときも、本を見て目を輝かせていたけど、すごく大人しい子だった。

周囲の大人達も普通の格好をして普通っぽく振る舞っているように見えたんだけど、そこが保育施設ではない時川駐屯地本部隊舎の一室であることを考えると、すごく不自然で気味が悪かった。

「この子一体何? ヤバイよ絶対ココ! 早く逃げたい」

…と内心思っても、顔は笑顔にしないと感づかれてしまうので、つらかった。

第2話 ③アフター

伊鶴や美咲の前でオドオドして何かを言いたそうなのに、すぐに口をつぐんでしまうのは、ずっと自分を抑えてきたから。

そのことに元保育士の美咲は気づいているんだけど、クロの本の虫っぷりや背後にあるものが見えて、迂闊に手出しできず、話を聞いてあげられないもどかしさがある。

だからクロが何でもいいから食べてくれたとき、美咲は心底ホッとした。でもこれからどうしよう。この子の面倒を見ていく自信がない。

第2話 ⑥アフター

どうして教えてくれないの? 平岸で見たあのやぐらは、本では見たことがないものだった。あれは何? どうして邦衛も伊鶴も何か嫌そうで避けたがるの?

外の世界に出られた以上、クロはそれが何なのか知るしかない。それがたとえ忌まわしいものだったとしても。

今までは本でまぎらわせていたけど、好奇心ってこういうことなのかもしれない。

過去に唯一外に連れ出してくれた別の工場があった。そこは今どうなっているのだろう?

クロの人物像

  • おとなしい。常に自分を抑えているので、言いたいことが言えずにいる。
  • 世間知らずで好奇心旺盛で突飛な行動に出る。
  • 自分が兵器として生まれたことをまだ知らない。
  • ほぼ不死身であることに疑問を感じているが、それがなぜなのかが自分ではわからない。
好き 嫌い

試聴

旧『みこたん~巫女と戦車と滝川と~』関連CD

発行日 サークル タイトル Tr. 曲名 内容 作曲順
2015年10月25日 FMPSG FMPSG Originals (Disc3) 21 神居古潭 藍凰めるイメージ曲(再録)
2015年3月1日 ASIA LUNAR footprints 萌尽狼オリジナル曲ベスト 18 精神統一 藍凰めるイメージ曲(再録)
19 神居古潭
2010年10月31日 ASIA LUNAR JUNK BOX Ⅰ&Ⅱ ~復活の音源~ 04 精神統一(Take2) 藍凰めるイメージ曲(別テイク)
05 黒崎皐月 黒崎皐月イメージ曲
06 精神統一(Take1) 藍凰めるイメージ曲(別テイク)
2008年5月11日 ASIA LUNAR 漲 MINAGIRI 01 精神統一 藍凰めるイメージ曲
2007年4月29日 FMPSG FMPSG007 -LimeLight- 11 神居古潭 藍凰めるイメージ曲
18 鬼の爪痕
2004年12月29日 EDIA LABEL 暮れGo!Go!録 09 怪獣出現 「炭鉱(ヤマ)の火達磨篇」自衛隊イメージ
10 緊急出動

「炭鉱(ヤマ)の火達磨篇」とは

日野伊鶴、日野邦衛、黒崎早苗が旧みこたんの設定に初登場したエピソード。
当初は藍凰める・りこの北海道(滝川)編と、日野伊鶴の九州(大牟田)編に分かれていて、完結編の舞台が再び北海道(滝川)になる予定だった。

旧みこたんはもともとウェブサイト上に滝川市内を再現し、巫女さんが搭乗する戦車同士がバトルを繰り広げるというPBeM(メールのやり取りで進めるボードゲーム)だったがゲームに決着が付かず、ウェブサイトは滝川市の観光ガイドと人造石油を軸としたストーリーに企画が二分化していく。

「炭鉱(ヤマ)の火達磨篇」企画書の日付は2004年4月20日で、これはウェブサイト公開Ver.4(2004年1月1日~)とVer.5(2004年10月26日~)の間にあたる。

最終的には3Dで滝川市を再現した戦車ゲーム化を模索するが、これも浅学ゆえに具体化できないままフェードアウトしている。
旧みこたんでやりたかったことはすべて『ガールズ&パンツァー』にやられてしまい、一時はあきらめかけていた企画だった。

旧みこたんは路線変更により巫女さんが何と戦うために戦車に乗っているのかが不明確になってしまっていた。
人造石油と錬金術という組み合わせは「炭鉱(ヤマ)の火達磨篇」からの設定だが、このときの巨大怪獣という設定は不評でボツになっている。

作・編曲順と曲調の変遷

旧みこたんのイメージ曲はおもにレア・トラックスに収録されたため、リリース順イコール作曲順ではない。
ただし『FMPSG007 -LimeLight-』だけ例外で、「神居古潭」「鬼の爪痕」の2曲はこのCDのために書き下ろしたものである。

旧みこたんメインテーマである「精神統一」はALESIS MICRONというバーチャルアナログシンセサイザー1台でテクノとして作曲したが、使いこなせずに手放してしまい、テイク2からロックに路線変更している。そのためテイクが多岐にわたっている。

特撮映画風

  • ①怪獣出現
  • ②緊急出動

テクノ・チップチューン

  • ③精神統一(Take1)
  • ④黒崎皐月
  • ⑤神居古潭
  • ⑥鬼の爪痕

ロック

  • ⑦精神統一(Take2)
  • ⑧精神統一